運命の人と出会うための5つのStep【恋愛相談④】婚活に疲れた

ビューティーヨガセラピスト心理カウンセラー 長谷川久美子です。

 

今日は「婚活に疲れた」というお悩みについてお答えしますね。

 

アラサー・アラフォー女性の恋愛のカウンセリングをすることが多いのですが、「婚活に疲れた」といわれる方は最近とても多いです。「自分自身が結婚したい」という気持ちよりも、親からのプレッシャーなど、外部からの圧力も心の負担になっているようです。

 

「婚活」いわゆる結婚活動ですが、この言葉が生まれたのが2007年。この頃から「自然に誰かと出会って恋愛して結婚する」というスタイルが崩れ始め、結婚のハードルが上がったのかもしれません。

 

「信頼できる人が欲しい」「ひとりで生きていたくない」など様々な理由から結婚を望んでいると思いますが、婚活に疲れてしまい「なぜ結婚したいのかわからなくなった」という声もよく聞きます。

 

今日は、そんな方のために簡単なワークをご紹介しますね。

 

 

********************************* 

 

♡運命の人に出会うための5つのStep♡

 

Step1

出会いの数を増やすのではなく、出会いの質を高める。

(毎週、合コン・婚活パーティーに出かけ、たくさんの人に会うことよりも、信頼できる人からの一人の紹介のほうが断然いいです!出会いの分母を増やすことよりも、質にこだわってみましょう。)

 

 

Step

「パートナーと一緒にできたら楽しいこと」を始めてみる

(あなたが好きなことは何ですか?その中でも、パートナーと一緒にできたら楽しいことを考えてみてください。例えば、ゴルフ・スノーボード・スキー・登山など。お酒が好きな方は、ワインスクールに通うとか、ワイン会に参加するとか。旅が好きな方は、旅に出るのもいいですね)

 

 

Step

「出会いはどこにでもある」と信じること

(飛行機の隣の席に座った方と結婚した友人がいます。出会いがないのではなく、出会いはどこにでもあるのです。自分のマインドを変えましょう)

 

Step 

素敵な人に出会い、幸せになる自分をイメージする 

(夜、寝る前にイメージしましょう。どんな人に出会いたいのか?どんな出会い方をしたらドラマチックなのか。彼は私にどんなことをしてくれるだろうか?結婚式はどこで挙げようか?ワクワクしながら楽しい想像を膨らませることがポイントです)

 

Step 

アファメーションを習慣にする

 

(アファメーションは、言葉の力で自分の潜在意識に働きかけ、成功や幸せを引き寄せるための最も簡単な方法のひとつです。否定的な言葉が出そうになったら、これらの言葉を口に出してみてください。「私は求められている」「私は必要とされている」「私は愛されている」

 

 

 ********************************* 

 

 

いかがでしたでしょうか??

 

それでも「婚活疲れ」が取れない方は、一旦活動を休止してみることをオススメします。そして、旅に出ましょう!!

 

日帰りショートトリップでもいいです。可能であれば、海外もオススメ!!ホテルの最上階で上質なランチをとる、なども気軽な旅。心が疲れてしまったときは、視野を広げてあげることが大切です。そして、心にたっぷりと栄養を与えてあげてください。

 

疲れている人より、人生を楽しんでいる人のほうが絶対に魅力的です!

 

だからこそ… 

 

誰かと出会うことよりも

まずは自分を大切にすること!!

 

あなたが運命の人に出会えることを心から願っています♡

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

参加した9割の女性が成果を90日で実感する
ビューティーマインドコース

━━━━━━━━━━━━━━━━

心身ともに癒され、美しく輝き、
自分らしい幸せを手に入れる究極のメソッドをあなたに。

 

7d91c18824f61a3a81fdde236b3d567c

 

ビューティーマインドコース詳細→☆☆☆

 

 

札幌・ニセコのお客様は対面でのセッションを行います。

遠方のお客様は、オンラインでの個人セッションも受付中です。

お問い合わせはこちらより→☆☆☆

 

 

ShareShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
(Visited 10 times, 1 visits today)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>