「足元の宝物」に「びっくり」する

こんにちは。Myself 長谷川久美子です。

 

昨日は、京王プラザホテルで開催された

「札幌市経済界フォーラム」

 ~魅力ある道産品の活かし方、伝え方について~

に参加してきました。

 

メイン講師は、元・日経トレンディ発行人兼編集長の北村 森氏。

エネルギー満ち溢れる個性的な方で、現在は商品ジャーナリストとして

テレビ・ラジオ出演や執筆活動をされているとのこと。

 

今回のテーマは「道産品の‟魅力”の伝え方」

~商品の磨き上げ方からマーケティング戦略までを考える~

 

北村氏曰く「みんな北海道になりたがっている」

 

その理由は「北海道の場所を知らない人はいない」

「北海道の特産品を知らない人はいない」とのこと。

確かに「北海道物産展」は全国で大人気ですよね☆

 

さて、本題に入りますが

 

「今は、いいものだけで売れる時代ではない」

北村氏はそれを「いいもの同士の争い」と表現されていました。

 

「いいもの」であることは当たり前。安ければいいわけでもない。

「過剰品質」という、高くても品質が良いものがあり

高くても売れるものが必ずある。

 

そんな激しい競争の中、何をやったらお客様に選んでもらえるのか?

 

それは…

 

「びっくりさせること」

 

「びっくりの追求」が必要とのことでした。

 

その「びっくり」ですが、具体的に3つあります。

 

①そんなバカな!

②そこまでやるか!

③分かっていたのに!

 

そして、「びっくり」させる商品をつくるためには

「足元の宝物」の価値を見直す作業が必要とのことでした。

 

「足元の宝物」とは、個人または会社が持っている

魅力や持ち味のことをいいます。

要するに、大切なものは「今ここにある」ということですね。

 

 

「足元の宝物」の価値に気付き

「びっくり」を追求することが、ヒット商品につながる

 

今回の講演で北村氏が伝えてくれたことは

どんなビジネスにも通用するアイディア。

 

このシンプルなメッセージの中に

「ヒットの種」が詰まっているんですね!!

 

とても素晴らしい講演、ありがとうございました。

 

 

 

(Visited 23 times, 1 visits today)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>