「演じたくない」

こんにちは。Myself 長谷川久美子です。

先日、札幌で活躍する俳優・柴田智之さんの演劇ワークショップに参加しました。

 

最近、舞台やお芝居に興味を持ち始めて、そんな矢先に見つけたワークショップ。

「演劇」の経験は全くなし。観るのは好きだけど、演じることは未経験。

今年の目標の一つに、「やったことのないことにチャレンジすること」があったので

思い切って飛びこんでみることにしました。

 

ワークショップに参加された方は、ダンサー・アーティスト・舞台俳優・

ライター・介護職の方など、個性的な方ばかり。

全4回のワークショップのうち、私は最初と最後の2回しか参加できなかったため

よくわからないまま「演じる」というところまで体験しましたが・・・

なかなかいい経験になりました!!

 

ワークショップ終了後は、講師の柴田さんとWS参加者での

発表会「演じたくない」がありこちらも観に行って来ました。

 

「自分でない誰かを演じることで 自分がわかる」

演じることは、自分を知ることなんだ。

 

WSに参加して、本番のお芝居を観て、そんな新たな気付きが得られました。

 

人は何者かになろうとする。

それは理想の自分であったり、こうでなければいけないという縛りだったり。

知らず知らずのうちに、何者かを演じようとしているかもしれない。

だけど、大切なのは「ありのままでいること」。

演じることは、自分に還るための第一歩なのかもしれない。

 

そんなことを学んだ 演劇ワークショップでした。

 

ShareShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
(Visited 8 times, 1 visits today)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>