【6月】新月のクリスタルボウルヒーリングを終えて

こんにちは。ビューティーヨガセラピスト長谷川久美子です。

本日、6月16日23時6分、双子座の新月になります。
今回の新月は火星が重なった状態で起こります。

新月で起こる双子座のエネルギーと
火星の情熱と行動力が後押ししてくれそう…そんな特別な日です


先日、14日には、一足お先に
新月のクリスタルボウルヒーリングを開催しました!!

双子座は、知性やコミュニケーションを司る星座。
なので、今月のテーマは「コミュニケーション」

参加していただいた皆さんそれぞれが思う
「コミュニケーション」についてディスカッションする時間…
とっても盛り上がりました!!

他人とのコミュニケーションだけではなく
大切なのは、自分自身とのコミュニケーションなんですよね。

だからこそ、毎月、新たな月を迎えるときに
自分自身を振り返ることをオススメしています。

皆様からのご感想を紹介させていただきますね。

************

●4月・5月と有意義な時間が過ごせたので参加しました。
今月も双子座の新月のお話が聞けて、
楽しく勉強になる良い時間になりました。

●ここで聞いたお話をもとに一ヶ月を過ごしています。
自分の気持ちに正直に、明るく、楽しい毎日を感じられています。
嬉しいです。ありがとうございます。

●今日のヒーリングでも内側も外側も
リセット&リラックス出来ました。

●クリスタルボウルの音を生で聞いてみたかったので
参加しました。シンギングボウルのデジタル音しか
聞いたことがなかったので、生の音の響き、
音波は違うなーと思います。

●前回初めて受けてみて、月一度リセット、見直しが
出来る機会と感じ、今回からも続けていこうと思いました。

●他者とのコミュニケーションは得意としていても
自分とのコミュニケーションは下手なので
周りの意見・アドバイスも取り込みつつ、
多方面からの情報収集をより意識し、
自分を高めたいと思いました。


************


貴重なご意見、ありがとうございました!!

今月のディスカッションテーマ「コミュニケーション」では
私自身もたくさんの気づき、学びがありました。

また、クリスタルボウルの演奏中、
ある言葉がずっと頭を離れなくて…

その現象を私は「言葉が降りてきた」と表現していますが
その言葉とは・・・


自分と楽しくコミュニケーションしていると
人とも楽しくコミュニケーションがとれる

自分と楽しくコミュニケーションしていると
楽しい出来事がやってくる


うん、とってもシンプルな法則です。
今回のクリスタルボウル演奏では
このメッセージを感じながら
このメッセージが届くように、行いました。

毎月、同じ音はありません。
そのとき集まってくれた方の思いや
バイブレーションで、全く違った音色になります。

そして、それがクリスタルボウルの魅力の一つでもあります。

さて、来月はどんな音色を奏でることができるかな??



7月は蟹座の新月。
ディスカッションテーマは「家族・愛」です。

次回、新月のクリスタルボウルヒーリングは
7月12日(日)13:00~です。

詳細はコチラ ⇒http://kumikohasegawa.com/eventinfo/2015/06/16/3162/

皆様にお会いできることを楽しみにしています♪


***************


現在募集中のクラス、イベント

ヨガミュージック札幌 》詳細 残席わずかです!

「心と体を解放する、リラックスヨガ」「心と体に響く、ヒーリングミュージック」

ヨガと音楽が創る極上のリラクゼーション。深い癒しの時間を体験してみませんか?

 

ヨガセラピー ≫詳細

ヨガとカウンセリングを融合させたプライベートセッション。

体を動かすだけのヨガではなく、話してスッキリするだけのカウンセリングではなく、

心と体のつながりを重視し、心身両面から総合的にサポートしていきます。

 

女性専用 キレイになるヨガクラス 詳細

毎週土曜 14:00~15:15 @札幌 プライベートヨガサロンMyself

毎週日曜 10:00~11:15 @札幌 プライベートヨガサロンMyself

 

 

ShareShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
(Visited 2 times, 1 visits today)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>