草場一壽さんの陶彩画 個展へ 

 

先日、草場一壽さんの陶彩画新作 札幌個展に行ってきました。

 

01

 

陶彩画とは

 

草場一壽さんの作品は、以前からとても興味があったので

札幌での個展の話を聞き、とても嬉しく思っていました。

 

今回はギャラリートークもあり、作品ができるまでの過程や

作品に対する思い、「いのち」のことなど…

色々なお話を聞くことができました。

 

龍や神様・仏様といった目には見えないものを描くこと

それは自分の中にあるから描けるのだと仰っていました。

 

そして、作品を見て涙を流す方や、その場から動けなくなる方は

ご自分の中にそのように美しいものがあるからなんだ、と。

 

実際に目にした作品は本当に素晴らしく

見ているだけで涙が出てくるような作品や

吸い込まれそうになり目が離せなくなるものもありました。

 

引っ張られるような力強さであったり…

包み込まれるような優しさであったり…

 

全ての作品、それぞれに「魂」があり

強いエネルギーを放っているようでした。

 

このような作品に出会えたことに本当に感謝です。

 

 

ShareShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
(Visited 20 times, 1 visits today)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>