感情を解放させる「涙」

子供の泣き…

大きく分けて2つあります。

 

一つは「要求の泣き」

もう一つは「発散の泣き」です。

 

「お腹すいた〜」「眠い〜」「遊んで〜」029.gif

 

このような「要求の泣き」に関しては

親は応えてあげることが必要ですが

 

「発散の泣き」に関しては

 

感情をすべて外に出してあげること…

泣かせて発散させてあげることが大切。

 

images-12

 

 

でも、これって大人も同じだと思うんですよね。

 

感情を溜め込むと、それは「ストレス」として

ずっと体に残り続けます。

 

昨日、「過去の痛みと向き合う」というブログを書きましたが、

発散されなかった感情はいつまでも残ったままです。

 

だからね、時には思いっきり泣いたっていいと思うんです。

 

大人だって大きな声を上げて

泣きたいときもありますよね。

 

子供みたいに足をバタバタさせて

全身で泣きたいときもあるはず…。

 

 

私が今回このブログを書いたのには理由があり…

 

実は、昨日「断乳日」だったんですね029.gif

 

もうすぐ1歳4ヶ月になる息子は 

比較的穏やかな性格だと思うので

今までそんなに激しく泣きじゃくることはなかったんですが

 

昨日はやっぱり全然違いました

029.gif

 

1ヶ月位前から「言い聞かせ」をしていたので

すぐにどういう意味なのかはわかったみたいですが

 

いつもと違うことを察して、私の目を見て泣き叫ぶんです。

その姿を見ていたら、胸が締め付けられるようで

 

思わず私も声を上げて泣きじゃくりました

029.gif

 

「息子が頑張ってるんだから、私はしっかりしなきゃ」

そう思っていたけど、やっぱりダメで…

 

「だって、私も寂しいよ。

ずっとずっと、あなたが生まれたときから

こうして一緒だったのに…。」

 

色々な場面が思い出されるんです。

 

今よりもっと小さかった息子の姿…

生まれてから今までのことが走馬灯のように蘇り

時が経つことの早さを感じました。

 

だからこそ、寂しくて…

泣き叫ぶ息子を見ていたら

私の気持ちが揺らいでしまいそうでした。

 

昨晩は胸が岩みたいに固くなって

痛くて痛くて眠れなくて…

なかなか寝付けなかった

息子を抱っこすることもできませんでした。

 

心も体も痛みが大きくて

断乳ってこんなにも辛いんだ…

そう思いました。

 

溢れる涙を止めることなく

息子と一緒に思いっきり泣いた一日。

 

思いっきり泣いて「心のデトックス」をして

ようやく気持ちの整理がついたみたいです…

 

今年1年分くらい泣いたんじゃないかな 笑

 

ママになると色々なことがあるんですね。

 

楽しいこと、幸せなこと、時には寂しいことも…

 

妊娠・出産・育児と経験してきましたが

「授乳」は最高のコミュニケーションだったと思います。

 

とってもとっても幸せな時間でした。

 

新しい世界を見せてくれた我が子に感謝。

 

これからもあなたと共に成長していきますね。

 

 

 

 

 

 

 

本当の自分が輝きだす、心と体のトータルビューティーはこちら↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(Visited 92 times, 1 visits today)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>