【究極のアンチエイジング】年を重ねただけで人は老いない

ビューティーヨガセラピスト

心理カウンセラー 長谷川久美子です。

 

今日は「心に残る言葉」をご紹介しますね。

 

アメリカの実業家・詩人であるサミュエル・ウルマンの詩「青春の詩」です。

 

*********************

 

青春」サミュエル・ウルマン 岡田義夫訳

 

青春とは人生の或る期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。 優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、 安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ。 

 

年を重ねただけで人は老いない。

理想を失う時に初めて老いがくる。 

 

歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ。 

苦悶や、狐疑や、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年 月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。 

 

年は七十であろうと、十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。 曰く驚異への愛慕心、空にきらめく星辰、その輝きにも似たる 事物や思想に対する欽仰、事に処する剛毅な挑戦、小児の如く 求めて止まぬ探求心、人生への歓喜と興味。 

 

人は信念と共に若く 

疑惑と共に老ゆる。 

 

人は自信と共に若く

失望と共に老ゆる。 

 

希望ある限り若く

失望と共に老い朽ちる。 

 

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、そして 

偉力の霊感を受ける限り人の若さは失われない。 

 

これらの霊感が絶え、悲嘆の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、 皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至れば、この時にこそ 人は全くに老いて神の憐れみを乞うる他はなくなる。

 

*********************


 

いかがでしたでしょうか?

 

「青春の詩」"Youth" は、サミュエル・ウルマンが70代のときに書かれた詩。日本では「人生の応援歌」として受け入れられ、松下幸之助など経営者にとっての座右の銘としても有名です。

 

また、いつまでも美しくありたいと願う女性にとっても、この詩には深いメッセージが込められているのではないでしょうか?

 

難しい言葉もありますが、まとめると…

 

 

信念・自信・希望を持つ人は永遠に若く、

疑惑・恐怖・失望を持つ人は老いる。


 

若さとは、精神のあり方で、

肉体的な年齢ではないということ。

 

The-Asian-Beauty-Industry-New-Challenges-and-Opportunities-Martin-Roll-740x350 - バージョン 2


 

究極のアンチエイジングは、やはり心からですね!!

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

参加した9割の女性が成果を90日で実感する
ビューティーマインドコース

━━━━━━━━━━━━━━━━

心身ともに癒され、美しく輝き、
自分らしい幸せを手に入れる究極のメソッドをあなたに。

 

7d91c18824f61a3a81fdde236b3d567c

 

ビューティーマインドコース詳細→☆☆☆

 

 

札幌・ニセコのお客様は対面でのセッションを行います。

遠方のお客様は、オンラインでの個人セッションも受付中です。

お問い合わせはこちらより→☆☆☆

 

 

ShareShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
(Visited 12 times, 1 visits today)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>