「考える力」の鍛え方

ビューティーヨガセラピスト

心理カウンセラー 長谷川久美子です。

 

今日は「考える力の鍛え方」についてお伝えしますね。


息子が3歳になり、たくさんお喋りするようになりました。最近は「これ、なに?」「なんで?」と毎日激しい質問攻めにあっています(笑)

 

質問に上手に答えることは、子供の知識を伸ばすのに重要なこと。また、この時期は、質問を通じて「わからないことがわかる楽しさを経験する」とても大切なときだといいます。

 

見たこと、聞いたことをグングン吸収して、「知る喜び」を体験していく…。子供にとっては毎日がとても新鮮なんでしょうね!

 

でも、子供の質問に対して答えるのは結構難しいんですよね…。

エンドレスに続く質問攻撃に疲れてしまうことも(笑)

 

そんな質問攻撃に対する効果的な対処法があります。

それは…「質問には質問で返す」こと。

 

たとえば、「ママ、◯◯ってなに?」と聞かれたら、「そうだね〜、なんだと思う?」と質問を投げかけてみるのです。そうすると、「えっと〜」と自分で考えはじめます。

 

これは、私がお客様とのカウンセリング中にも使うテクニック。「どうしたらいいと思いますか?」と聞かれたとき「◯◯さんは、どうしたいと思っていますか?」と質問返しをするのです。

 

人は、質問されると考え始めます。

 

75fZq6hPIQqIqox1511784607_1511784672

 

「自分で考えて、自分で判断して、自分から動く人になってほしい」と願うのは、親子の関係だけでなく、上司と部下、教師と生徒などの関係にも当てはまりますよね。

 

子供・部下・後輩・生徒など様々な関係性の中で「あの子は自分では考えない」「考えて行動しない」と嘆いている人は、まず質問を投げかけてみることです。

 

「◯◯くんは、どう思う?」

「◯◯ちゃんは、どう思う?」

 

「そして、私だったらこう考える」「僕はこう思う」など自分の考えを言葉にしたら、その言葉をきちんと受け止め「そうだよね」「そうなんだ」「なるほど」と肯定的に反応するようにしましょう。

 

自分自身に対しての質問も効果的です。お客様相手にお仕事をしている方だったら、「どうやったら、もっとうまくいくかな?」「何をしたら喜んでもらえるかな?」など質問を投げかけてみるのもいいですね。

 

 

考える力を鍛えるには…

 

他人にも自分にも

質問をなげかけること

 

ぜひ意識してみてくださいね♪

 

 

どくしゃになってね…

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

参加した9割の女性が成果を90日で実感する
ビューティーマインドコース

━━━━━━━━━━━━━━━━

心身ともに癒され、美しく輝き、
自分らしい幸せを手に入れる究極のメソッドをあなたに。

 

7d91c18824f61a3a81fdde236b3d567c

 

ビューティーマインドコース詳細→☆☆☆

 

 

札幌・ニセコのお客様は対面でのセッションを行います。

遠方のお客様は、オンラインでの個人セッションも受付中です。

お問い合わせはこちらより→☆☆☆

 

 

 

ShareShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
(Visited 28 times, 1 visits today)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>