あっという間に「幸せになれる」リフレーミングとは?

こんにちは、長谷川久美子です。

 

心理学では「リフレーミング」という言葉があります。

人はそれぞれ、起きた出来事に対して独自の視点で見ています。

物事を見る視点のことを「フレーム」といいます。

そして、そのフレームを変えることを「リフレーミング」といいます。

 

昨日のブログでは、「物事の見方を変える」という

お話をしましたが、これが正にリフレーミングです。

 

当サロンでは、ビューティーマインドコース、

ビューティースパイラルコース共に

このリフレーミングを用いるようにしてもらっています。

 

ビューティーマインドコースとは?

ビューティースパイラルコースとは?

 

マインド(自分の心や感情のコントロールをしたい方)

ボディ(自分の見た目、外見を変えたい、痩せたい方)

どちらのお悩みにしてもそうですが

 

自己肯定感を高め、自分を大切にすること

最も大切なポイントだからです。

 

例えば、「痩せたい」「キレイになりたい」

このような方にカウンセリングでお話を伺っていくと

 

「自分に自信が持てない」

「自分の良さがわからない」

「自分を好きになれない」

 

このような答えが返ってくることが多いのです。

 

そう、

だから実は

 

見た目や外見でお悩みの方も

「心のクセ」を変えることで

悩みが解消されることがあるということです!

 

自分で嫌だな、と思っている点が

実は長所だということもあります。

 

「誰にでも話を合わせてしまうところが

本当に嫌なんですよね」

 

そう話していたクライアントさんがいました。

 

その方に聞いてみたんです。

「話を合わせるのは苦痛ですか?

それとも自然にできていることですか?」

 

そしたら、彼女は

「自然にやってます。全然苦じゃないです。」

そうお話されたんですね。

 

なので、彼女に言いました。

「誰とでも話を合わせることができるのは

柔軟だからですよね。それはとっても良いことですよ。」

 

彼女はとっても腑に落ちたようで

「今まで短所だと思っていたことが長所に変わった」

 

そう笑顔で帰っていかれました。

 

 

happy-woman

 

 

出来事は一つなのに、捉え方ひとつで

幸せにもなれるし、不幸にもなれます。

 

それは全部「自分次第」だって知っていましたか??

 

何か嫌なことが起きた時に

「これも何かの学びでしょう」と捉えられる人と

「本当に最悪。また嫌なことが起きるんじゃないか」

そう捉える人とでは、全く違った人生になると思いませんか?

 

自分で欠点だと思っていること…

「頑固」という人は、「意志が強い」ということ。

「わがまま」という人は、「自分の感情を素直に表現できている」ということ。

「優柔不断」という人は、「慎重に物事を判断できる」ということ。

 

このように考えてみると、

自分を含め、すべての人の良い点が

たくさん目につくようになります。

 

自分の捉え方一つで、世界は変わります。

 

リフレーミング、ぜひやってみてくださいね!

 

「自分を変えたい」「新しい自分になりたい」

そんなあなたを応援します!!

 

 

 

 

 

7d91c18824f61a3a81fdde236b3d567c

 

スパイラル

 

 

 400X150

 

○ヨガセラピー ≫詳細

心も体も健康になりたい、自分に自信を持ちたい、内側からキレイになりたい…

ヨガとカウンセリングを融合させた独自のメソッド

完全マンツーマン・オーダーメイドクラスの「ヨガセラピー」募集中です!!

 

 

 

 

クリスタルボウルお申込み

 

 

○女性専用 キレイになるヨガクラス ≫詳細

毎週土曜 14:00~15:15 @札幌 プライベートヨガサロンMyself

 

 

ヨガで出会う本当の自分  yoga&therapy Myself

 

 

ShareShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
(Visited 23 times, 1 visits today)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>