自分だけの「宝物」を探す方法

こんにちは、長谷川久美子です。

 

「わがまま」

この言葉を聞いて、どのような印象を受けますか?

 

自己中心的、自分勝手、自由きまま…

他にも色々な表現があるかと思いますが

 

わがままは、良いことなんでしょうか?

それとも、悪いこと??

 

あるクライアントさんで

「最近、わがままになってきたんです」

そう言われる方がいました。

 

その方は、今まで自分の気持ちよりも

相手のことや周りのことを気遣って

遠慮してしまうほうでした。

 

ビューティーマインドコースでは

カウンセリングやワークを通じて

 

抑えていた感情や思い、

自分でも気づかなかった本音

少しずつ解放してもらうようにしています。

 

ビューティーマインドコースとは?

 

自分の感情を抑えたら、体のどこかが悲鳴をあげます。

 

頭痛、耳鳴り、めまい、倦怠感、無気力など

様々な心身の不調…

 

それは、体が「何か」を

知らせようとしてくれているんですよね。

 

だから、もっと自分の「心の声」「体の声」を

聞くようにしてください。

 

そして、自分の感情を抑えるのではなく

自分の感情と上手に付き合うようにしてくださいね。

 

 

彼女は自分の気持ちを解放することで

 

無気力な状態から

「色々なことにチャレンジしたい!」

このような気持ちに変わったといいます。

 

そして、少しずつですが

「自分の好きなこと、嫌いなこと」

ハッキリしてきたといいます。

 

心の変化に戸惑って、私に

「これでいいんですよね??」と

不安そうに聞いていましたが

 

それで、いいんです。

 

だって

 

今までずっと

自分の気持ちを抑えて

我慢してきたんだから。

 

「これからは、もっと

わがままでもいいんだよ。」

 

自分で自分に許可を与えてくださいね。

私は彼女にそうお伝えしました。

 

もちろん、人に迷惑かけるほど

わがままで自分勝手でいいというわけではありません。

 

大人なので、時と場所をわきまえる必要もあると思いますが

 

もっと好きなことをやってもいいんじゃない?

もっとやりたいことをやってもいいんじゃない?

もっと自由に生きてもいいんじゃない?

 

私はこのような提案をしているだけです。

 

gallery-1434103680-happy-woman-on-beach

 

そして、少しずつでも

自分の気持ちに正直になれた彼女は

次第に、自分の「良い点」にも気づきはじめたといいます。

 

抑えていた気持ちを解放してあげると

その中には「宝物」が隠されているのです。

 

私はその「宝物」を「本当の自分」と呼んでいますが

 

「本当の自分」は、子供のように純粋で

無邪気で、好奇心旺盛で、自由で

存在そのものが「愛」だと思うんです。

 

私は今、自分のお仕事を通じて

一人一人が持っている「宝物」を探す

お手伝いをしています。

 

それは、私にとって

本当にワクワクすることです。

 

だって…

 

誰もがみーんな

とっても素敵な宝物を持っているから!!

 

「自分をもっと好きになりたい」

「自分の宝物を探したい!」

そんなあなたを応援しています!!

 

 

 

 

 

 

 

 

7d91c18824f61a3a81fdde236b3d567c

 

スパイラル

 

 

 400X150

 

○ヨガセラピー ≫詳細

心も体も健康になりたい、自分に自信を持ちたい、内側からキレイになりたい…

ヨガとカウンセリングを融合させた独自のメソッド

完全マンツーマン・オーダーメイドクラスの「ヨガセラピー」募集中です!!

 

 

 

 

クリスタルボウルお申込み

 

 

○女性専用 キレイになるヨガクラス ≫詳細

毎週土曜 14:00~15:15 @札幌 プライベートヨガサロンMyself

 

 

ヨガで出会う本当の自分  yoga&therapy Myself

 

 

ShareShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
(Visited 30 times, 1 visits today)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>