内側からキラキラ輝く女性になる方法

おはようございます、長谷川久美子です。

 

昨日はレイキヒーリングセミナーでした。

Kさんは、3月にファースト(基礎コース)を受講され、

今回はセカンドコースを受講されました。

  

レイキの感じ方は、人それぞれで

初めは「よくわからないんです…」と

言われる方もいらっしゃるのですが

 

Kさんの場合は、ファーストのコースを受講されてから

すぐに自分自身の変化を感じたといいます。

 

「自分自身の変化に戸惑いを感じることがあります…」

ファーストコースを受講して、しばらく経った頃

Kさんがこのようにお話してくれました。

 

変化…それは急に起こると、自分では戸惑うものですよね。

 

レイキによって起こる変化は、人によってはゆっくりと

人によっては劇的に急激に、始まります。

 

 

Kさんから聞いたお話で嬉しかったのは

「最近、わがままになってきたんです」ということ!

 

「わがまま」って悪いことのように思いますよね?

でも、違うんですよ!!

 

自分の好きなこと、嫌いなことがハッキリしてきたということは

自分の価値観が明確になってきたことでもあります。

自分に嘘をつかなくなった、ということでもあります。

 

正直な自分でいる、ありのままの自分でいる…

それは「本来の自分」を生きていること。

だから、わがままでいいんです♪

 

 

それからも様々な変化が彼女に訪れ

「レイキを始めてみて、今はどうですか?」

そう私が質問すると…

 

「今までとは全然!違います。

積極的に生きられるようになりました。

前向きになったし、出会う人も変わってきました!」

とのお答えでした。

 

もともと、優しく穏やかで癒し系のKさんでしたが

今は、柔らかい中に、しっかりとした芯があります。

 

ぐいぐい人を引っ張っていくようなタイプではなく、

静かに皆をまとめていくリーダーシップも発揮してきています。

 

「今がモテ期」ともお話してくれましたが

Kさんがイキイキと人生を楽しんでいる姿は

本当に魅力的だから、男性も自然と惹かれてしまうんでしょうね♡

 

その気持ち、よ〜くわかりますよ 笑

 

私も彼女からとっても刺激を受けています☆

どんどんキレイになっていくKさんから

今後も、目が離せません!!

 

 

 

 

私のレイキ体験談はこちらより ↓↓↓

レイキとは?①私とレイキとの出会い

レイキとは?②レイキの活用方法 body編

レイキとは?③レイキの活用方法mind編

レイキとは?④レイキの活用方法beauty編

レイキとは?⑤レイキの活用方法 Life style編

 

 

 

 

pic_reiki

自分を癒したい、キレイになりたい、自分らしくありたい

そんなあなたにオススメです!!

レイキヒーリング お申し込み・詳細はコチラより ↓↓↓

http://kumikohasegawa.com/eventinfo/2013/04/03/4746/

 

 

 

各種コース受付中です♪ ↓↓↓

 

7d91c18824f61a3a81fdde236b3d567c

 

スパイラル

 

 

 400X150

 

○ヨガセラピー ≫詳細

心も体も健康になりたい、自分に自信を持ちたい、内側からキレイになりたい…

ヨガとカウンセリングを融合させた独自のメソッド

完全マンツーマン・オーダーメイドクラスの「ヨガセラピー」募集中です!!

 

 

カラーセラピーカウンセリング

60分10,000円 90分15,000円 120分20,000円 ※各税別

カラーセラピーお申込み

 

 

 

クリスタルボウルお申込み

 

 

○女性専用 キレイになるヨガクラス ≫詳細

毎週土曜 14:00~15:15 @札幌 プライベートヨガサロンMyself

 

 

ヨガで出会う本当の自分  yoga&therapy Myself

 

 

 

 

 

ShareShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
(Visited 42 times, 1 visits today)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>